弊社はHGF(hepatocyte growth factor : 肝細胞増殖因子)ならびにNK4の医薬品研究開発を介して、世界中の癌患者、難病に苦しむ患者を救済する新しい治療法の確立を目指します。また、独創性の高い創薬につながる日本発のシーズを掘り起こし、世界に発信できる治療法に育成します。
プロジェクト 医薬品形態 対象疾患 開発段階 提携先
HGF
組換え
蛋白質
脊髄損傷急性期 第T/U相試験 実施中
(日本)
未定
筋萎縮性
側索硬化症(ALS)
第U相試験
【医師主導治験】実施中
(日本)
未定
急性腎障害 第I相試験 終了
(米国)
未定
声帯瘢痕 第T/U相試験
【医師主導治験】実施中
(日本)
未定
NK4 組換え
蛋白質
各種固形癌 前臨床試験中 未定

HGFの強み
HGFは大阪大学中村敏一教授によって肝細胞の増殖因子として、世界に先駆けて発見、単離、遺伝子クローニングがなされました。その後の研究から、HGFは肝細胞のみならず多種多様な臓器、細胞に対して非常に強力な再生治癒能力を有することが分かりました。特にHGFの抗線維化作用は他の増殖因子では見られない作用で、治療方法のない難治性線維化疾患に対する画期的な治療薬になる可能性を秘めています。


NK4の強み
NK4はユニークな2機能性タンパク質です。すなわち、HGFのアンタゴニスト(拮抗阻害剤)として癌の浸潤転移を抑制する一方で、強力な血管新生阻害活性を持ちます。特筆すべき点は、NK4が複数の血管新生因子(VEGF,bFGF,HGF)の働きを抑えることです。現在、多くの製薬企業で血管新生阻害剤の開発が行われていますが、上記のようなユニークな機能を持つ分子はNK4以外には知られていません。

Copyright (C)2004-2011 Kringle Pharma, Inc. All rights reserved.