HGFにできること
  • 組織・臓器を再生すること
  • 難病を治すこと

クリングルファーマが目指すこと
  • HGF医薬品を実用化すること
  • 新たな価値を作り出し、
    人々の幸せに貢献すること
ご挨拶

 ヒトの体には、傷ついた時にそれを再生する巧妙な仕組みがもともと備わっています。増殖因子と呼ばれる生体内たんぱく質や、分化能を持つ幹細胞による自己修復システムがそれです。近年注目を集めている再生医療とは、ヒトが本来持っているこれらのメカニズムをうまく利用して、組織・臓器の障害を修復し再生させる試みに他なりません。
 HGF(肝細胞増殖因子)は、臓器の中でも最も再生能力の高い肝臓の再生をつかさどるたんぱく質として、日本で最初に発見されました。その後の研究から、HGFは肝臓だけでなく様々な組織・臓器の再生修復を担うとても重要なたんぱく質であることが明らかになりました。HGFは組織・臓器の障害を伴う難病の治療薬となる可能性を秘めており、HGFによる新たな再生医療に大きな期待が寄せられています。
 当社は、HGF医薬品の実用化を目指す創薬バイオベンチャーです。私たちは、HGF医薬品により新たな価値を作り出し、世界中の人々の幸せに貢献してまいります。当社はすでに、組換えヒトHGFたんぱく質を医薬品グレードで製造することに成功し、脊髄損傷急性期やALS(筋萎縮性側索硬化症)を対象に臨床試験を実施しています。こうした神経難病を突破口として、HGF医薬品をその他の臓器疾患にも適応拡大してまいります。私たちの願い、それは患者さんに一日も早く画期的な医薬品を届け、患者さんやそのご家族にかけがえのない笑顔をもたらすことです。

代表取締役社長
安達 喜一


社名由来
クリングルファーマ株式会社(Kringle Pharma , Inc.)
HGF(肝細胞増殖因子)は、分子内にクリングル構造と呼ばれるたんぱく質のドメインを4個持ちます。当社は、HGFのアンタゴニスト活性をもつ分子内断片NK4の開発会社として当初設立されました。NK4もまた4個のクリングル構造を持ちます。HGFとNK4の医薬品開発を主要プロジェクトとし、病に苦しむ患者さんの救済を企業理念とする会社の名前に相応しいものとして、HGF/NK4の持つクリングル構造と、医薬品を意味するファーマシューティカルからクリングルファーマ株式会社と命名しました。

Copyright (C)2004-2011 Kringle Pharma, Inc. All rights reserved.